カンボジア(Fly-to-Cambodia)

カンボジアへ渡航するための情報をまとめました。(2020年11月19日更新)

入国・渡航制限情報

外国人は、以下の3要素を満たす場合にのみ渡航が許されます。

  • 投資家、ビジネスパーソン、会社員、専門家、技術者
  • 保証人(カンボジアに所在する企業の代表者、経済特区における投資プロジェクトのオーナー、該当する外国人が所属する企業など)が申請・取得した支払保証書を所持する被保証人
  • 以下の指定された国からカンボジアへ入国する外国人
      中国、日本、韓国、ベトナム、タイ、米国、欧州連合加盟国

カンボジアへ渡航するために必要な手続き

ビザの取得

e-visa、観光ビザ、アライバルビザの発行は中止されているので、 在日カンボジア大使館もしくは領事館で、事前にビザを取得していただく必要があります。

各大使館・総領事館の管轄地域は以下のリストをご覧ください。

大使館・総領事館管轄する地域(居住する都道府県)
カンボジア王国大使館 その他の地域
在札幌カンボジア王国名誉領事館 北海道
在仙台カンボジア王国名誉領事館 青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県
在名古屋カンボジア王国名誉領事館 愛知
在大阪カンボジア王国名誉領事館 大阪府、京都府、兵庫県、三重県、和歌山県、奈良県、滋賀県
在福岡カンボジア王国名誉領事館 九州、沖縄

また、各大使館・領事館は管轄地域外居住者のビザも発行してくれる場合があるそうです。
詳しくは大使館・領事館に直接ご連絡ください。

支払い保証書の申請(現地招聘機関が手続きを行う)

下記のWEBページから支払保証書を申請(保証人が申請し、事前に被保証人に送付。入国後14日間を越えない期間における詳細な活動計画の登録も求められます。有効期間は30日です)

www.registrationservices.gov.kh
www.cambodiainvestment.gov.kh
www.cdcmoh.gov.kh

PCR検査及び陰性証明書の取得

カンボジア入国のためのフライトに搭乗するには、渡航3日以内に検査を受けたPCR検査が陰性であることを証明する陰性証明書(非感染証明書)が必要です。

一般的なクリニックでは2.5-4万円の費用が掛かります。(内PCR検査代2-3万円,非感染証明書5000-1万円)

Setolabo衛生検査所では感染症に強い日本を作るという理念のもと特別価格でPCR検査をご提供しており、私たちの理念に賛同していただいた提携医療機関の協力で以下のようなスケジュール・料金体系でのPCR検査及び非感染証明書をご用意しています。

Aクリニック 翌日発行 10,000円
Bクリニック 即日発行 12,000円
Cクリニック 即日発行 20,000円
Dクリニック 即日発行 34,000円

PCR検査は信頼できる衛生検査所で

PCR検査を受けるときに選択肢になるのが一般的なクリニックと衛生検査所になります。衛生検査所は法律に基づいて保健所の厳しい指導の下開設されており、確実で精度の高い検査が行われています。また、衛生検査所でPCR検査を申し込んだ場合、提携先の医療機関の診察に基づいて非感染証明書が発行されます。
Setolabo衛生検査所では医療機関との提携により30カ国語に対応した非感染証明書を発行することができます。

最新情報をチェックしよう!

アジアの最新記事8件

>海外渡航のためのPCR検査

海外渡航のためのPCR検査

Setolabo衛生検査所(中四国PCR検査センター)では、新型コロナウイルスのPCR検査を全国の個人・企業様等から受け付けています。結果は、提携の医療機関によるオンライン診療によって海外渡航のための陰性証明書の発行が可能です。

CTR IMG