韓国(Fly-to-Korea)

大韓民国(韓国)への渡航に必要な情報をまとめました。(2020年11月12日更新)

現在の韓国の状況

韓国国内における新型コロナウイルス感染者数

韓国国内における新型コロナウイルスの累積感染者数は27942人、そのうち25404人が回復し、487人が死亡しています。(11月12日現在)

入国制限・渡航制限情報

2020年3月9日以降、日本国籍のビザ免除措置は停止および3月9日以前に取得されたビザも無効になっております。
しかし、10月8日より日韓の間で双方向の往来を再開するビジネストラックの運用が開始されています。

韓国への入国に必要な手続き

現在、日本から韓国へのビザ免除措置は停止されていること。および健康診断の受検が必要なこともあり、通常時に比べ煩雑な手続きが必要になっています。

ビザの取得

全てのビザを申請する外国人は、申請日から48時間以内に医療機関が発行した診断書の提出が必要です。(2020年4月13日~)→韓国大使館リンク
また、 証明書には新型コロナウイルスに関連する症状などである(発熱、せき、悪寒、頭痛、筋肉痛、肺炎などの有無)および 胸部レントゲン撮影が必要なため、レントゲン撮影および、記入日が示された診断書を発行してくれる病院をお探しください。

ビザの審査は厳格に行われており、発給までの所要日数は流動的かつ、申請時にビザ発給日は通知されません。
また、異なる管轄区域での申請はできませんので以下の表を参照してください。

公館名(サイトへのリンク)管轄地域・都道府県
駐日大韓民国大使館 領事部 東京都, 千葉県, 埼玉県, 栃木県, 群馬県, 茨城県
駐大阪大阪大韓民国総領事館 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
駐福岡大韓民国総領事館 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
駐名古屋大韓民国総領事館 愛知県、三重県、福井県、岐阜県
駐広島大韓民国総領事館 島根県、広島県、山口県、愛媛県、高知県
駐横浜大韓民国総領事館 神奈川県、静岡県、山梨県
駐新潟大韓民国総領事館 長野県、新潟県、富山県、石川県
駐札幌大韓民国総領事館 北海道
駐仙台大韓民国総領事館 青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、宮城県
駐神戸大韓民国総領事館 兵庫県、鳥取県、岡山県、香川県、徳島県

航空券の手配

ビザの審査は厳格に行われており、発給までの所要日数が非常に流動的です。また審査の結果ビザが発給されないこともあるため、航空券の手配はビザ発給後に行うことをお勧めします。

現在の航空便の運行情報は
成田→仁川
関西→仁川
がコンスタントに運航しており、
中部国際空港と福岡空港からも少数ですが仁川国際空港行きの便が運航する予定です。

11月12日現在、仁川行きの便を運航している航空会社は多数存在しますが、今後の状況次第で増減便および運航休止になる恐れがあります。skyscannerなどの航空券検索サイトから最新の情報を取得してください。

また、ビジネストラックを利用して渡航する場合は大使館に隔離免除書発給申請をする際に航空券の提出が必要です。

ビジネストラックを利用する際に必要な手続き

韓国にて隔離免除書発給申請の手続き

韓国側受入企業・団体が、関係省庁に申請を行い、当該省庁から検討結果の通知が申請した受入企業・団体に届きます。
必要書類は以下にてご確認ください。

在大韓民国日本国大使館|ビジネストラック(短期出張目的)(日本から韓国への渡航)(邦人渡航者)

駐日大韓民国大使館・総領事館にて隔離免除書発給のための申請

隔離免除書発給の許可が通知されると、駐日本国大韓民国大使館・総領事館にて隔離免除書発給のための申請ができるようになります。
隔離免除書は発給日から1週間以内に韓国に入国する場合に限り有効です
発給後1週間を経過した場合には、韓国政府が定める手続きに従って再度申請する必要がありますので御注意ください(航空便の欠航・遅延等の対象者本人に帰責事由がない場合には再発給可)
必要書類は以下にてご確認ください。

在大韓民国日本国大使館|ビジネストラック(短期出張目的)(日本から韓国への渡航)(邦人渡航者)

搭乗前72時間以内にPCR検査を行って陰性証明書を取得

日本出国前72時間以内に新型コロナウイルスに関する検査を受け、「陰性」であることを記載した非感染証明書(陰性確認書)を取得してください。

Setolabo衛生検査所では感染症に強い日本を作るという理念のもと特別価格でPCR検査をご提供しており、私たちの理念に賛同していただいた提携医療機関の協力で以下のようなスケジュール・料金体系でのPCR検査及び非感染証明書をご用意しています。

Aクリニック 翌日発行 10,000円
Bクリニック 即日発行 12,000円
Cクリニック 即日発行 20,000円
Dクリニック 即日発行 34,000円

profile photo

韓国入国後の手続き(ビジネストラックを利用しない場合)

入国時

入国時には機内で配られる健康状態質問書と特別権益申告書を記入した状態で提出し、検温を受ける必要があります。

また、この時に自己診断アプリケーションのインストールの有無を聞かれるので、事前のインストールを忘れずにお願いします。
詳しくはコチラをご覧ください。

滞在期間

入国後は14日間の自宅又は隔離施設での待機になります。

詳しくはコチラをご覧ください。

PCR検査を受けるなら

韓国へのビジネストラックを利用した渡航にはPCR検査を受けなければなりません。また、検査を受けるなら安心できる施設へ依頼した方がいいでしょう。衛生検査所は保健所の指導の下に運営しており、確度の高い検査が行われています。
また、コロナ禍での渡航では特別便や隔離施設の手配など通常時よりも費用がかさみます。Setolano衛生検査所では提携医療機関と協力して適正な価格での検査の実施と非感染証明書の発行を行っております。
また、LINEでのお問い合わせも可能となっております。

こちらからお問い合わせください→Setolano衛生検査所HP

最新情報をチェックしよう!

アジアの最新記事8件

>海外渡航のためのPCR検査

海外渡航のためのPCR検査

Setolabo衛生検査所(中四国PCR検査センター)では、新型コロナウイルスのPCR検査を全国の個人・企業様等から受け付けています。結果は、提携の医療機関によるオンライン診療によって海外渡航のための陰性証明書の発行が可能です。

CTR IMG